皆さん、こんにちは 「原」 でございます。

10月も中旬に差し掛かり、今日はいつもより気温が低いので体調に気を付けましょう🍃



本日のお題は~~【杭工事】 についてです!

先日、安全パトロールで杭工事の現場を周りました。

 

皆さんって知っていますか?🌀

杭は、主にその場の地盤だけでは構築物や建物などを支えることができない軟弱な地盤の時などに用いられます。

杭には、支持杭と摩擦杭に分けられているんです。

支持杭は杭を支持層まで到達させて杭の先端にかかる荷重を先端支持力によって支えます。

一方は摩擦杭は、主に地盤がかなり深いところにあり、杭が届きにくい場合に用いられる工法です。

 

通常家を建てるとき、基礎を打ってその上に建物を建てたりしますが、その家の地盤が極めて弱いとき

またはその地盤が建物の重さに耐えられない場合などに杭がとても大切になっていきます。

そして、地盤が良くなれば、地震などが起きても建物の崩壊や破損から逃れることができるのです!

※基本的に日本の地盤は軟弱なため、場所によっては施工が必要な場合が多々あるそうです。

 



実は杭にも様々な種類があり、

『木杭』・『コンクリート杭』・『鋼管杭』 があるんです。

私が見た現場では👆既製コンクリート杭ですかね??がズラーっとたくさん並んでありました🔥

現場の様子を少しお見せします👀⇒ パート1 パート2

 

今回はここまで~~

以上、原でした!明日もご安全に。(/・ω・)/



金成では、一緒に働いてくれる現場施工の(クルー)や、

CADを使った設計業務ができる方を常時募集をしております。(ALCの取り付け作業など、未経験者大歓迎です)

もし気になったら、お電話(045-574-9391)か、弊社ホームページでお問い合わせください。

皆さまからの募集をお待ちしております。

 

※前回の記事はコチラからご覧いただけます⇒「押出成形板(ECP)研修」

 


株式会社金成│ALC・押出成形板(ECP)
〒230-0078
神奈川県横浜市鶴見区岸谷4-28-45-1F
電話:045-574-9391 FAX:045-574-9392

求人募集中