2019年8月の一覧

クルー紹介 その1【松浦班】

残暑お見舞い申し上げます。 「原」 でございます。


 

久しぶりの顔出し&社内風景です。なぜこの写真載せたかっていうと・・・、ジャジャジャジャーン!


新しい時代にふさわしいパンフレットをということで、作っちゃいました。カッコイイでしょ?(自画自賛)

わが社の仕事内容や魅力をお客さまや将来のクルーになる方々に、よりわかりやすくかつ丁寧に作りました。中身は実物をご覧いただければと思いますが、

パンフレットの中にクルーの紹介も載せておりまして、こちらはこのブログで順次ご紹介していきます。

まず第一弾として、わが社のクルー総監督で松浦専務がまとめてくれている 【松浦班】 です。




職人歴35年のハイパープロフェッショナルがまとめる班は、全部で5人。こんなおちゃめな写真が撮れるくらい班のコミュニケーションもバッチリ。

もちろん肝心の仕事の質とスピードは折り紙付きです。丁寧品質の『ザ・金成』の要として、さまざまな建物を建ててきました。

これからも、品質を落とすことなく成長あるのみの【松浦班】のご紹介でした。

ということで、以上原でした。明日もご安全に。

 

※前回記事 → 「暑さ対策【ザ・金成篇】」は、コチラからご覧いただけます。

 

※金成では、一緒に働いていただける「クルーの方」(ALC壁材の取り付け作業など、未経験者大歓迎!!)や、
CADを使った設計業務ができる方を常時募集しています。

もし気になったら、問い合わせだけでもしてみてください。
お問い合わせは、コチラ

暑さ対策【ザ・金成篇】

8月に入ってからというもの、お盆期間になって毎日暑くても、元気いっぱいの 「原」 でございます。

この最近の暑さは、思った以上にひどいですねぇ。これが9月末くらいまで続くとなると、私は気合で乗り切れますが(たぶん)、実際に現場内で作業している我がクルーたちの体調管理も、私としては非常に気にしているところです。

各班とも職長(いわゆる親方)がメンバーの顔色から挨拶の声の大きさなどに気を配り、ヤバそうだったら早めに休ませるなどなど、私ももちろん現場に行ってチェックしています。


写真のように我々の作業は基本的に屋内で、太陽を直接浴びることは少ないですのでまだましですが、それでも空調のない状況で、しかも現場って部屋の中は意外と無風状態 → ということは、熱がこもって基本的には直射日光がないだけましですが、それでも実際の気温は40度を超えていることも多く、身体が資本の我々にとって暑さ対策は、急務の課題です。

課題という流ちょうな言葉を使っている間もなく、放っておけば下手をすると死者を出してしまう状況にしないためにも、

1.休憩中は、水分と塩分を必ず補給する。

2.作業中でも、定期的に水分を補充する。

3.自分でヤバいと思ったら、すぐ親方に相談する。

というのを徹底してます。熱中症の場合、本人が「まだ大丈夫っす」と言っていても、ものすごい赤ら顔になってたりした場合は、ほぼほぼすぐ熱中症になることが多いので、よく観察しておくことが必要だと思います。

次の写真は、珍しい上からのアングルでALCを建て込むまさにその手前のモノです。養生しっかり、落下対策しっかり、安全装備バッチリの丁寧仕事 「ザ・金成」 の得意とするところでございます。


 

ところで、このご時世、暑さ対策グッズなるものも昔に比べてかなりの勢いで充実してきましたね。水で濡らすとすぐ冷たくなるタオル、首に保冷剤を入れて冷やすタイプ、ペットボトルだけでなく休憩所には給水タンクを置いている方々もずいぶん増えました。お店でも、暑さグッズあれこれ売られておりますです。


 

で、最近テレビで取り上げられたのをきっかけに注目が集まっているのが、扇風機付きのチョッキみたいなやつで、これって3~5年前くらいからあったような気もしたのですが、このくそ暑さで一気に爆発的売れ行きに(驚) まさかの全品売り切れってスゴっ。


 

う~ん、確かに涼しいんだろうけど、これを着ることで重くなったり、重ね着になってかえって暑かったりしないか?と思ったので、実際にウチの若いのに着せてみたところ、こんな感じで。

  
 

これはもう完全に好みの世界すね。私がどうするかは・・・、ご想像にお任せします。

ということで、以上原でした。明日もご安全に。

 

※前回記事 → 「今日から手品師になります!(笑)」は、コチラからご覧いただけます。

 

※金成では、一緒に働いていただける「クルーの方」(ALC壁材の取り付け作業など、未経験者大歓迎!!)や、
CADを使った設計業務ができる方を常時募集しています。

もし気になったら、問い合わせだけでもしてみてください。
お問い合わせは、コチラ

▲TOPへ