皆さんこんにちは、伸び盛りの?原でございます。


わが社は4月決算でございまして、今月が期末月ということになります。

別に狙ったわけではないのですが、何のめぐりあわせか?元号が 「令和」 に変わった瞬間から、新しい当社の11期目が始まるとは、何ともありがたい限りです。

 

売上の方も、お客さまや協力業者様のおかげをもちまして、大変好調の状況でございます。これもひとえに、我々の仕事の内容や仕上がりにご満足いただいているからこそと、襟を正して居るところでもございます。

 

とはいえ、まだまだ課題が多いのも事実ではございまして・・・。業容が拡大するに伴う人員確保や、一緒に働く仲間(クルー)に対するフィードバックや人事評価の在り方などetc。

 

考えればきりがありませんが、金成は前を向いて進むのみ!と考えております。時には自身を見つめ直すために立ち止まることはいたしますが、振り返って 【後悔】 するよりも、仲間を大切にしながらどうやって進んでいくかの 【航海】 を常に考えています。

 

過去10年、いろいろなことがあっても金成が続けられたのはひとえにご注文いただくお客様と、建てた建物を使っていただいているユーザー様からの評価であることは間違えないと思っています。

 

これからの10年、いや20、30年と続けていけるよう、渾身の仕事をさせていただきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今回ご紹介する仕事は、壁の補修に伴う張替え作業です。


この窓の周りの壁を張り替えます。

 

  
まずは、シールを取り除きまして、解体します。裏側はこんな感じで。

 


肝心の仕上がりはこんな感じで。どうです?ピッタリきれいに収まりました。細かいことを言い出すとキリが無いのですが、でっこみ引っ込みや右左のずれとかそういう事をしっかり対応するという、「ザ・金成!」ならではの仕事にはこういうのもあります。

 

我々には、会社を支えてくれている仲間(クルー)はもちろんですが、材料を運ぶ運送、いわゆるトラックについても、丁寧な協力業者様に支えられています。


 

そういう皆さま方に支えられながら、建設業の枠にとらわれない真の意味での「良い会社」を目指して、11年目も頑張りますので、どうぞご期待ください。

 

以上、原でした。明日もご安全に!

 

※前回記事 → 「ザ・金成」の仕事ぶりと、こだわりについて解説します。(その3 チームワーク篇)は、コチラからご覧いただけます。

 

※金成では、一緒に働いていただける「クルーの方」(ALC壁材の取り付け作業など、未経験者大歓迎!!)や、
CADを使った設計業務ができる方を常時募集しています。

もし気になったら、問い合わせだけでもしてみてください。
お問い合わせは、コチラからどうぞ


株式会社金成│ALC・押出成形板(ECP)
〒230-0078
神奈川県横浜市鶴見区岸谷4-28-45-1F
電話:045-574-9391 FAX:045-574-9392

求人募集中