皆さんこんにちは、営業部長の渡辺です。

 


 

今回ブログ初登場ですが、今年からうちの社長が気合入れてブログ書くって言ってるんで、私も微力ながらお手伝いしようと・・・。今回から3回連続で、現場の中身や材料の種類・金成のこだわりなどについて、僭越ながら解説させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

さて、まずは金成のこだわり その1 「心・技・体」 です。


現場の象徴であるヘルメットにもバッチリ書いてあります。もちろん、安全第一です。現場仕事はやはり、心・技・体がうまく機能しないと作業員としては辛く厳しい労働環境になってしまいますので、うちの社長も私も常に現場のクルーたちの様子は、いつも気にしております。

 

その2は、前回ウチの社長も申し上げていた「5S!」 特に現場内での清掃や整頓は徹底しております。

   
ALCを切断したりなどして粉が結構な量で出ますので、手の空いている職人がササっとやります。材料は大切に取り扱い、床に直置きしたり乱暴に扱ったりすることなく、しっかり台木をいれたり養生を行います。

 

その3は、安全第一ですので、クルー全員がフルハーネス式の安全帯を使用しています。


左の2人は私と見学者なので通常のベルト式、真ん中にいるクルーがフルハーネス式ですが、お判りいただけますでしょうか、この違い。だいぶ以前と比べて現場の中にいる他の職人さんたちにも浸透してきましたが、ベルト式の安全帯で万一落ちた場合のダメージが全然違いますので。

 

最後に、その4としては、「道具にお金をかける」です。


ご覧いただいた高速カッター、Lアングルを現場で寸法を合わせて切るための道具ですが、昔と比べて「歯」の切断力と強度が全然違います!カッターの刃ひとつとっても、その耐久性や切れ具合に雲泥の差がありますので、クルーが使う道具は、良いものを長く、そして良い仕事をするためにお金を惜しまずかけています。

 

ということで、今日はこの辺で。明日もご安全に!

 

※前回記事 → 「丁寧な仕事がウリの「ザ・金成」のご紹介です!」は、コチラからご覧いただけます。

 

※金成では、一緒に働いていただける「クルーの方」(ALC壁材の取り付け作業など、未経験者大歓迎!!)や、
CADを使った設計業務ができる方を常時募集しています。

もし気になったら、問い合わせだけでもしてみてください。
お問い合わせは、コチラからどう


株式会社金成│ALC・押出成形板(ECP)
〒230-0078
神奈川県横浜市鶴見区岸谷4-28-45-1F
電話:045-574-9391 FAX:045-574-9392

求人募集中